【豊胸手術】献血豊胸によるバストアップ

プラズマジェルによるプチ豊胸

シリコン挿入のバストアップ手術はデメリットもあるものの、巨乳になる、ということにかけてはやはり効果はダントツです。

しかし、バストを大きくしたいと望む女性の誰しもが、目を見張るほどの巨乳が欲しいとおもっているわけではありません。

半カップだけでいい、デコルテの上部のボリュームだけでいい、サイドに張り出した形にしたい、下垂ぎみなのでバストの下の部分にボリュームが欲しい、このように、一言で豊胸といえども、個人の望む形や大きさはさまざまです。

それになにより、女性としては安全で後の生活になるべく影響がでない方法を選んでバストアップしたい人は多いでしょう。

美容整形の技術の進歩は日進月歩です。

少し前ではプチ豊胸という言葉がはやりました。

ヒアルロン酸を注射するこの方法は期間限定、ボリュームアップも限定ですがとても安全で手軽な方法です。

すこし大がかりになると全身の脂肪をとり、痩身とバストアップが同時にできる脂肪注入法があります。

この方法もどんどん安全で効果の高い方法が開発されています。

あたらしい豊胸手術として注目されているのは、脂肪ではなく自分の血液からジェルをつくり、それを挿入するプラズマジェル、またはPPPジェルという方法です。

献血豊胸とも呼ばれます。

脂肪とちがい、血液の採取は簡単で複数回行う事ができ、注射によって挿入するので日帰りバストアップができます。

 

献血豊胸によるバストアップ

バストアップの技術も再生医療の力をかりてここまで進化しました。

いままで豊胸手術というとシリコンなど異物をバッグを挿入するため、拒絶反応対策が必要となり、それが大変やっかいでした。

そのため、拒絶反応がすくない、脂肪注入、ヒアルロン酸というあたらしい豊胸手術が登場しましたが、脂肪注入のの欠点は脂肪を摂取するため全身への負担が大きいこと、ヒアルロン酸は効果のわりにコストが高いという点でした。

ところが、献血豊胸(プラズマジェル、PPPジェル)は自分の血液を使うため拒絶反応はなく、また、血液は血管から直接採取でき、ヒアルロン酸のように注入できることから身体の負担がとても減って、術後の回復が早く、よりバストアップの喜びを感じることができる方法です。

また、自分の血液が材料ですから、比較的コストも抑えられているようです。

ただし、自分の細胞をつかっていることから、脂肪注入やヒアルロン酸のようにバストアップの効果が限定的になってしまいます。

数ヶ月~数年で効果がなくなりますが、何度も摂取できない脂肪とちがい、血液ならばある程度時間をあければ何度も摂取できます。

クリニックで血液検査によって採取される血液の最大量は、献血で一度に採血できる量とおなじ400ミリリットル以下で決められます。