【豊胸手術】脂肪注入法によるバストアップのメリットとデメリット

脂肪注入によるバストアップ手術

最近、豊胸手術で話題によく上るのが、脂肪注入によるバストアップです。

この方法は、簡単に言えば、身体の他の部分の脂肪細胞を取りだし、再び、バストに埋め込むことによってバストアップさせる方法です。

バストアップと痩身の両方が一度にできるということが特徴ですね。

痩身のための脂肪吸引手術は美容整形のなかでも大がかりで、手術のリスクも比較的高いものですが、肥満も一気に解消できるため、根強い人気があると思われます。

実は、この手術の基本が考えられたのは、シリコンパックや食塩水パックなどを埋め込む手術よりずっと以前になります。

当時は、身体の一部だから安全で、体内に戻してもちゃんと生着すると思われた自分の脂肪でしたが、実際にはうまく脂肪が定着せず、バストがいびつに変形し、傷跡も目立つという失敗が多かったようです。

当時のやり方では脂肪の定着という点で非常に問題点がありました。

しかし、身体の余分な脂肪をつかって豊胸ができるという、全身のスタイルアップができる点が注目され、研究はすすみました。

現在では、今までの欠点を改善し、そのバストアップ効果や適応例を大きく広げたコンデンスリッチファット注入法や脂肪幹細胞移植などの新しいバストアップの為の豊胸手術として普及しています。

 

脂肪注入法によるバストアップのメリットとデメリット

現在では、身体の余計な脂肪をとって、ただ再注入するだけの脂肪注入法は時代遅れで、コンデンスリッチファット注入法や脂肪幹細胞移植による脂肪注入手術がメインになっているようです。

脂肪注入の豊胸手術のメリットといえば、ヒアルロン酸注入や人工乳腺挿入法にくらべて、自己の脂肪細胞を身体の他の部分、ウエストや太ももから取り出すことによる痩身効果があるということです。

バストアップ効果に関して言えば、ヒアルロン酸注入によるバストアップは短期間の効果しかない上、大きくできるサイズは0.5カップ程度です。

シリコンなどの人工乳腺挿入ならば、2カップ程度のアップが見込めます。

脂肪注入法では、この二つの豊胸手術の効果の間ぐらいのカップアップが可能です。

しかし、1つめのデメリットは、ヒアルロン酸よりは長持ちですが、移植し定着した脂肪もいずれ体内に吸収されてバストダウンしていくことです。

2つめのデメリットは手術時間です。

手術時間は、ヒアルロン酸注入が一番短時間で、次に人工乳腺挿入、そして、脂肪注入法です。

脂肪注入法では、脂肪の取りだし、バストに再注入という2回以上の工程がありますから、どうしても手術時間が長くなります。

術後の痛みは、人工乳腺挿入時よりも比較的軽いものになりますが、定着しなかった脂肪が壊死、石灰化してシコリになってしまうこともあります。