シリコン製のバックと生理的食塩水のバック両方の良いところを利用した【豊胸手術】

シリコン製のバックと生理的食塩水のバック両方の良いところを利用した豊胸手術

そもそも、生理的食塩水のバックはバストに挿入するとき、小さな切開口がら中身のない状態で挿入し、後から生理的食塩水を注入して膨らませます。

そのため、傷口が小さくてすむこと、注入のバルブからの水が漏れても安全であるけれども、バストのボリュームが減ってしまうこと、やや手触りが不自然であることなどが特徴です。

最近では、豊胸手術でインプラントされるのはシリコン製のバックが主流をしめてきています。

シリコン製のバックと生理的食塩水のバックを比較すると、生理的食塩水は万が一、バックが破れて中身がもれてしまっても、身体に無害というのが一番のメリットでした。

しかし、最近のシリコン製バックは安全性が向上してきたため、手触りや耐久性に劣る生理的食塩水のバックは使われなくなってきています。

クリニックによっては、両方の良いところを利用した豊胸手術を施している場合もあります。

たとえば、最初は生理的食塩水のバックで十分なバストのボリュームと被膜拘縮に対応し、安定してきたところで、再手術をして生理的食塩水のバックとシリコンのバックを取り替えるものです。

こうすることによって、被膜拘縮のためのマッサージなどでシリコンが破れてリスクがたかまるのを防ぎ、生理的食塩水の耐久性の弱点には、シリコンと取り替えることによって対応してると思われます。

このように、クリニックによってさまざまな豊胸手術のテクニックがあるようです。