ヒアルロン酸によるバストアップのメリットとデメリット

ヒアルロン酸によるバストアップのメリットとデメリット

バストアップ、もう豊胸手術しか残されていない、でも身体にメスをいれるのは怖いし、後遺症も怖い、そんな人にはプチ豊胸手術を考えてみるのはいかがでしょうか。

プチ豊胸手術は、クリニックによっていろいろな呼び名がついていますが、バストに直接、太い注射によって胸筋と乳腺のあいだにヒアルロン酸を注射で注入することで、バストアップをする豊胸手術です。

ヒアルロン酸によるバストアップのメリットは、その安全性と手術時間と手間の短さです。

ほかの豊胸手術と違って、メスや器具を使わず、直接、ヒアルロン酸を注入することになります。

この為、他の方法に比べて、手術時間の短縮や傷の減少ができます。

ほとんどは日帰り手術になりますし、術後の通院や抜糸も通常は必要無いようです。

ヒアルロン酸は、たった1グラムで水2~6リットルの水和能力をもち、体内でも存在する成分です。

バストアップだけでなく、皺やたるみ取りやニキビ跡を消す各種美容整形手術にもよく使われています。

その保水性によって、化粧品や健康食品の成分でその名を目にする機会も多いでしょう。

このように、もともと体内にあるものですから、その安全性は保証されていますが、困ったこともおきます。

もともと体内にあるものなので、体内の代謝で消費されてしまうのです。

バストアップにかぎらず、ヒアルロン酸を使った美容整形手術は、注入される量にもよりますが、1~6ヶ月程度で改めて注入が必要になるようです。

バストアップでは、皺取りなどよりたくさんの量が注入されますが、長くても2年程度、効果の持続には個人差がおおきいようです。

注入したヒアルロン酸は、ある日、突然無くなるわけではありません。

注入したその時から徐々に減少していきます。

数ヶ月から数年に一度、再注入の必要があるバストアップ方法です。

また、いままで何も無かった組織と組織の間に、無理矢理大量のヒアルロン酸を注入するわけですから、切開してシリコンなどの人工乳腺を埋め込む場合よりはひどくないものの、術後の痛みや腫れはあります。

一般的な感染症やアレルギーの心配もあるでしょう。

無害だといわれていますが、体質によっては、やはりシコリになってバストの形を変形してしまう症例もあるそうです。

 

ヒアルロン酸の相場は、1ccにつき、1万円程度

ヒアルロン酸の相場は、1ccにつき、1万円程度だといわれています。

片方50~70ccで約1カップバストアップ相当だといわれていますので、両方行いますと1カップアップするだけで、かなりの金額になります。

また、一度にバストアップできる量も限られています。

まして、長くても2年もすれば、体内で吸収されてしまって消えてしまうバストアップなのです。

一般にシリコンなどをつかう手術では、一回の手術で2カップ以上大きくすることができますので、このようにバストアップ効果と費用効果、そして安全性について、よく考慮したいところですね。